カードローン電話なし

学生ローンの審査の電話で聞かれることとは?

ローンの申込みを検討する学生の中には、「電話で聞かれることは何?」と不安に感じている方もいるようです。
学生ローン審査の手続きでは、アルバイト先への電話連絡がある場合もあり、電話で何を聞かれるかに不安に感じているようです。
しかし、ローン会社からの電話は、必ず行われるという手続きではありませんし、電話があったとしてもローンの申込みがバレる心配はありません。
電話連絡の基本的な手続きについて理解し、安心してローンの申込みをしてみてはいかがでしょうか。

 

学生ローンの申込みで電話連絡が行われる理由とは?

 

まず、学生ローンの申込みで、電話連絡が行われるのは、審査項目で入力したアルバイト先の情報が正しいことを確認するためです。
「本当にそのバイト先に在籍しているのか?」「バイト先の名称や電話番号に誤りがないか?」を確認するだけですので、個人的なことを聞かれることはありません。
通常は、ローン会社のオペレータ個人名で電話がありますので、金融機関からの電話だとは、分からないようになっています。

 

学生ローンの審査での電話の会話の内容について

 

そのため、アルバイト先に電話があったとしても、会話の内容は
 「〇〇さんをお願いします。」
 「〇〇さん、いらっしゃいますか?」
といった程度の内容です。
本人が在籍していることが確認できれば終了しますので、「本日は、お休みをいただいています。」という内容でも終了してしまいます。
ローンの審査の電話を心配する学生が多いですが、電話でバイト先にバレる心配は、全くありません。

 

電話連絡なしのカードローンの利用も!

 

どうしても電話で聞かれることが気になるなら、電話連絡なしとしているローンを利用するのも1つの方法です。
セブン銀行カードローンの申込みでは、収入証明書の提出はもちろん、電話連絡もなしで申し込めます。
カードの限度額は、50万円までと少額ですが、50万以下の希望額のときに申込みを検討してみてください。