カードローン電話なし

クレジットカードなら電話連絡なしで借りられる!?

カードローンの申込みでは、電話連絡による在籍確認を避けたいということで、クレジットカードのキャッシングを選ぶ方がいます。
すでに持っているクレジットカードにキャッシングの設定をしてもらうだけですので、一見、電話連絡なしで借りられるという気がします。
しかし、申込むのがクレジットカードのキャッシングの場合でも、電話連絡が行われるのが一般的です。
クレジットカードのショッピングとキャッシングは、適用される法律も異なっていますので、十分理解した上で申込みを検討するようにしましょう。

 

キャッシングで電話連絡が必要な理由とは?

 

消費者金融やクレジットカードのキャッシングの申込みでは、電話連絡による在籍確認が行われるのが一般的です。
消費者金融やクレジットカード会社は、法律的には、貸金業者という扱いになります。
貸金業法を元に設立された会社になりますので、貸金業法の規制がある金融機関ということになります。
貸金業法では、融資の上限額を年収の3分の1までとしていますので、無職の方や専業主婦に融資することが禁止されています。
本当に仕事をしているかどうかを確認する必要がありますので、必ずといっていいほど電話連絡が行われています。

 

電話連絡なしの消費者金融とは?

 

法律によって融資の上限額が決められている消費者金融でも、モビットの場合は、電話連絡なしでの申込み方法があります。
モビットのWEB完結という申込方法ですが、電話連絡の代わりに健康保険証の提出で済ませられるというものです。
健康保険証の種類によっては、お勤め先の情報が記載されていますので、その情報を元にお勤め先の確認が行われています。
ただし、WEB完結でモビットに申込むには、いくつかの条件をクリアしている必要がありますので、興味のある方は、モビットのホームページで確認しておくようにしましょう。

 

時間に余裕があるならセブン銀行カードローン!

 

お金の受取りまでに時間の余裕があるなら、セブン銀行カードローンを利用するのもおすすめです。
セブン銀行カードローンの申込みでは、電話連絡なし・収入証明の提出なしとしています。
貸金業法の規制を受けない銀行のサービスなので、このような申込みが認められています。
ただし、カードの限度額が50万円までとなっていますので、50万円超の高額融資ができない点に注意するようにしてください。
なお、セブン銀行の口座が必要になりますので、融資を受けるまでに数日間の余裕があることが前提となっています。