カードローン電話なし

在籍確認なしキャッシングを実現する方法!

キャッシングの申込みが初めてのときは、誰でもキャシング審査の在籍確認が気になるものです。
「絶対に在籍確認なしで申込みたい!」という方もいると思いますが、電話連絡なしで申し込めるサービスもあります。
さらに、在籍確認の手続きについて理解を深め、安心して在籍確認を乗り切るというのもいいのではないでしょうか。
ここでは、在籍確認なしでキャッシングする2つの方法と在籍確認の手続きの基本について紹介したいと思います。

 

在籍確認の手続きの基本について

 

キャッシングが申込み審査で在籍確認が行われるのは、お勤め先の情報が正確であることを確認するためです。
とくに消費者金融のキャッシングでは、無職の方への融資が法律によって禁止されていますので、必ずといっていいほど、在籍確認の電話が行われます。
貸金業法という法律では、年収の3分の1を超える融資が禁止されています。
無職の方や専業主婦が嘘をついて申込んでくる可能性も否定できませんので、やむを得ず在籍確認が行われているのが実情ではないでしょうか。

 

在籍確認の手続きの方法について

 

具体的な在籍確認の手続きは、金融機関のオペレーターが勤務先に電話をかけ、「〇〇さんいらっしゃいますか?」と尋ねるだけのものです。
本人が不在でも在籍していることが確認できれば終了しますので、ほんの1分程度の簡単な確認です。
ここで、「金融機関名を名乗られるのか?」という心配があると思いますが、オペレータ個人名での電話になります。
金融機関名を名乗らないので、キャッシングしたことがお勤め先にバレる心配はありません。
在籍確認なしのキャッシングを探すのもいいですが、在籍確認を受けたからといって、どうにかなるようなものではありません。

 

在籍確認なしで利用できるキャッシング

 

在籍確認なしで利用できるキャッシングは、モビットとセブン銀行のカードローンです。
モビットのWEB完結での申込みを選ぶと、電話での在籍確認の代わりに、健康保険証の提出が必要になります。
お勤め先の記載がある社会保険証、あるいは、組合保険証を持っている方が対象となります。
また、セブン銀行カードローンでは、すべての方が在籍確認なしで申し込めます。
カードの限度額は、最高でも50万円までですが、希望する金額が50万円以下なら、申込みの検討ができます。
どちらも安全に利用できるキャッシングですので、詳細をホームページで確認してみてはいかがでしょうか。